■  ピロリ菌と癌



以前、「ピロリ菌が胃癌を作る仕組み」などというタイトルで、胃におけるピロリ菌の作用が、新聞記事で紹介されたことがあります。細菌の研究で、ピロリ菌が陽性の場合、その3%近くに胃がんが発見されましたが、陰性の場合には胃がんは全く発見されなかったのです。この結果から考えられることは、胃癌の場合にピロリ菌が存在する確率は100%に近いということで、ピロリ菌の何らかの性質から、胃がんが誘発されると考えられるようになったのです。

この記事には、「本来は免疫細胞にしかないはずの酵素がピロリ菌の刺激で出現し、乱れてしまった酵素ががんの引き金になるのではないか」と、述べられていました。これまでは、ピロリ菌と癌との因果関係は明白ではなかったのですが、99年に発見された酵素のAIDが、細菌などの外的刺激に対して細胞が突然変異を起こす誘因となるというのです。これが細胞が突然癌化する仕組みだと指摘したのです。

マウスのでの実験でもピロリ菌に感染したネズミでは、胃粘膜細胞はAIDが多量に存在することがわかりました。このピロリ菌がいるからこそ、癌細胞への突然変異を抑制できなくなるというのです。このように、遺伝子がん症で傷つく仕組みに活性酵素が挙げられるようになったのです。この新聞記事では、今回は、遺伝子を変異させる酵素が特定されていますので、かなり信頼が高いと言えるでしょう。

ただし、これらはすべて、研究段階です。引き続き、ピロリ菌を研究することは必要です。いったいピロリ菌の何がAIDを動かし、さらに、AIDが傷つけるターゲットは、何なのでしょう。これが分かれば、癌の予防や治療ががぜん進展すると思います。期待したいところですね。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 新たな治療として
★ ヨーグルトの選び方・食べ方
★ ピロリ菌と癌
★ 検査について@
★ 除菌方法についてA