■  今後の課題



現在では、検査・治療ともにほとんどの医療施設で、簡単に実施を初めてくれます。このように、検査に関しては、研究し尽くされた部分はありますが、保険が適用されない治療があるというのは、残念なことです。日本の医療保険は経済面で、やはり余裕がないのかなと、納得せざるを得ないところですが、これは早急に改善してほしいですね。では、現代階でわかる範囲で、ピロリ菌の今後を考えてみましょう。

治療をどのような場合に行うべきかは、2003年のガイドラインによれば、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫に対して除菌治療が勧めらます。これをAランクとして、Bランクとしては、早期胃がんに対する内視鏡的胃粘膜切除後、萎縮性胃炎、胃過形成性ポリープに除菌治療が望ましいとされますが、現時点の保険適用を考えると、胃潰瘍と十二指腸潰瘍に限定して行われています。すべての病気にこの除菌治療が適用されるといいですね。

では、ピロリ菌は本当に人間に害を与えるものなのでしょうか?というのは、少なくともピロリ菌は、19世紀末に胃の中で見つかったものだとしても、ほとんどは病気にはならないで、人間と共存していたものだからです。普通、腸内細菌は、人の体の中で大事な役目があるのです。ピロリ菌の人間への恩恵と言えば、今言われているのは、花粉症の人にピロリ菌が少ないということです。あるいは、有害なピロリ菌と有益なピロリ菌があるのかもしれませんね。

ところでピロリ菌は、抗生物質を用いることで進化していくものです。進化の後に、どんな形で人の体に害を及ぼすかもわからないことを考えると、できるだけ早く、ピロリ菌の性質など、解明をしていくことが急務だと思います。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 新たな治療として
★ ヨーグルトの選び方・食べ方
★ ピロリ菌と癌
★ 検査について@
★ 除菌方法についてA