■  どのような病気の治療に?



ピロリ菌の成分が複雑にからみ合って、病気の発生や進行に関係すると言われています。その中でも、特に空砲化毒素という物質が、潰瘍の発生に大きく関与しているのです。まだまだ検討段階ですが、胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がん、胃MALTリンパ腫など、胃を中心とした病気の発生や進行に関係があるとされています。

@胃潰瘍、十二指腸潰瘍は、保険が適用される唯一の病名です。潰瘍の場合は、再発の可能性が高く、完治することが不可能と思われていたのですが、除菌することで、再発は極めて減少したのです。特に十二指腸潰瘍で、この効果が高いです。

A胃MALTリンパ腫は除菌治療を勧められる病気です。正式名称はあまり聞きなれませんが、さほど悪性ではないと考える胃悪性リンパ腫のことです。除菌治療が一番効果があり、改善した場合の長期予後も良好です。

B胃炎のうち、萎縮性胃炎は除菌治療が望ましい病気です。ピロリ菌が胃の中に入ると、急性の胃炎となり、長い間に委縮性胃炎になります。加齢には関係なく、ピロリ菌だけで発症するものですが、慢性胃炎の場合には、それ以外に、加齢、塩分の取りすぎ、アルコールの飲みすぎ、タバコ、野菜不足など、多くの原因があります。

C胃がんは世界的に見ても、日本では数が多いですが、1994年にピロリ菌が胃がんの発がん物質だと認定されました。まだ、不明な点は多いですが、研究レベルの高さから見て、胃がん予防にピロリ菌の除菌は大きな効果があるとされています。

D胃過形成性ポリープは、よくある良性のポリープです。除菌治療が望ましく、成功率はほぼ70%になります。

そのほかに、ピロリ菌の除菌治療が検討されている病気として、Non-Ulcer Dyspepsia(NUD)、胃食道逆流症(GERD)、特発性血小板減少症(ITP)、慢性蕁麻疹、小児の鉄欠乏性貧血、虚血性心疾患、偏頭痛、ギランバレー症候群などが挙げられます。どんどんと研究が進むことを期待したいですね。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 新たな治療として
★ ヨーグルトの選び方・食べ方
★ ピロリ菌と癌
★ 検査について@
★ 除菌方法についてA