■  ピロリ菌とは



みなさんも一度はピロリ菌の名前を耳にしたことがあると思います。でも、分かっているようでよく分からない所が多い方もいらっしゃるのではないでしょうか?現在、健康な方でも、予防を兼ねて、ピロリ菌を理解してみませんか?もちろん、胃など、具合が悪い方にもお薦めします。右側のメニューから気になるコンテンツをご覧頂ければと思います。それでは早速ピロリ菌についてのご解説に入ってまいりたいと思います。


1、ピロリ菌の発見

ピロリ菌は、2〜3×0.45μmの細菌で、体に数本のしっぽがあります。このしっぽを回転させて移動するので、ヘリコバクター・ピロリと名前がついたのです。そこに来るまでに、長い年月、多くの研究がなされたのですが、この世紀の大発見は、始まりは1982年のオーストラリアだそうです。胃の中だけにしかいないというピロリ菌ですが、胃のような強酸性の中では、通常は生物は生存できないはずです。まだまだ未解決の部分があるそうですが、わかる範囲で確かめておきましょう。

2、ピロリ菌が胃に入るには

日本では年齢を重ねるほどに、ピロリ菌がおなかにあると言われています。たとえば、40歳以上なら、約75%の人がピロリ菌を持っているのです。これは、経口感染がほとんどだからだそうですが、食べ物を口移しなどする親子に多いとか。ただし、必ず感染し、発病するわけではなく、大半は生活環境さえ整っていれば、心配はないのです。ただし、ピロリ菌を運ぶのは、ゴキブリという説が大きく、ゴキブリ駆除は今や、ピロリ菌を増やさないために必要ですね。また、ペットからの感染も否定できないのが現状です。

3、胃の中で生きていられるわけ

通常、胃の中では、生物は生きていけないはずですが、ピロリ菌はウレアーゼという酵素によって、胃の中にある尿素をアンモニアに変化させるのです。アンモニアがあれば、酸性が弱まり、生物が生きていられるわけで、これができることは、ピロリ菌はとても進化した細菌だと言えるのです。

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 新たな治療として
★ ヨーグルトの選び方・食べ方
★ ピロリ菌と癌
★ 検査について@
★ 除菌方法についてA

■ 健康関連最新ニュース

世界保健機関は1999年の総会で健康の定義として以下の定義を提案している。 ... 健康とは身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないこと